ハーブに関して長い伝統があるイタリアでは、オーガニックでナチュラルな暮らしは身近なスタイルです。イタリア人のオーガニックライフに欠かせないのが、ハーブ専門店ともいうべき「エルボリステリア」です。 どんな小さな街にだってエルボリステリアが必ず一軒はあって、手軽にオーガニックライフを実践しています。ここでは、イタリア人にとって、体の内側も外側もきれいに健康でいるために欠かせないエルボリステリアの魅力をご紹介します。 エルボリステリアって何? ハーブの専門店エルボリステリアは、植物の天然成分を主原料とした商品を扱うお店の総称です。イタリアの街のあちこちにたくさんあるエルボリステリアは、一歩、店内に足を踏み入れると、店内に広がるハーブの優しいアロマに包まれ、それだけで癒される素敵なお店です エルボリステリアは、肌に優しいオーガニックな基礎化粧品やクリームなど、安心できる美容のためのハーブが豊富にそろっているだけではありません。体に不調を感じた時に、医者や薬局よりさきに相談に行くのもエルボリステリア。肌荒れや風邪の予防から、生理不順といった悩みまで、ハーブの知識が豊富なエルボリスタが、ひとりひとりの症状に合わせた商品を紹介してくれます。 えっ、エルボリステリアなしで暮らせるの? イタリア人の生活に欠かせないエルボリステリア。日本にはエルボリステリアがないというと、「じゃあ、どうやって暮らしているの?」とイタリア人から驚いた声が返ってきます。それほど、なくてはならない存在なのですね。 街中にいくつもあるエルボリステリアですが、それぞれお気に入りのエルボリスタのいる行きつけのお店が決まっています。植物のアロマが漂う店内で、よく知っているエルボリスタに相談に乗ってもらうこと自体が、癒しのひとつなのでしょう。 古代ギリシア時代に遡るイタリアのハーブ療法の歴史 イタリアでこうした伝統的なケアが好まれているのは、長い歴史と経験から、ハーブの効果をよく知っているからです。イタリアのハーブ療法は、古代ギリシア時代までさかのぼるのです。 紀元前4世紀頃、ヒポクラテスという医者が、生活習慣や食事によって病気になる、と主張したのが始まりです。今ではよく知られていることですが、当時は神々の罰や、呪いによって病気になると信じられていたので、画期的な発見でした。医学の父と呼ばれるヒポクラテスが、約130種類の植物を体系的に分類して、薬として活用したのです。 ハーブ研究を発展させたキリスト教 中世になると、カトリック教会の修道院が病院や薬局のような役割を果たします。独身の修道士たちが祈りを中心とし共同生活を行う修道院では、自給自足の生活を送っていて、果樹園や野菜畑だけでなく、薬効成分のある植物、ハーブも栽培していました。 病気やケガで苦しんでいる人々へ、実際に薬草を治療に使うことによって、ハーブに関する研究が発展していきました。また16世紀以降、ヨーロッパの宮廷のために、香水やクリームなどのコスメ類もつぎつぎと開発され、ハーブの効能の研究において大きな役割を果たしました。 現代の植物療法、フィトテラピー 修道院で培われてきた薬草療法は、19世紀の終わりにフランス人の医者アンリ・ルクレールによって本格的な植物療法の学問へと発展します。 植物が本来持っている様々な力が、人間の自然治癒能力にも作用して、体のトラブルの予防、治療、保護などに役立つということをフィトテラピーという科学として証明しました。現在のエルボリステリアの基本となる学問です。 エルボリステリアで買えるもの エルボリステリアの商品は、幅広く何でもそろっています。ハーブティーやオーガニックなビスケットやクッキー、はちみつにナッツ類、豆類、シリアル類など、保存のきく食品類。体の中から健康になるために欠かせないオーガニックな食品。 主に自然な成分で作られたサプリメントも各種揃っています。体の不調を整える薬効成分のある植物から抽出した各種エキスは、伝統的なロングセラーです。 また、顔や体のためのクリームや乳液、化粧水などの基礎化粧品やヘアケア商品、せっけん、オーガニックコスメ、香水、ろうそく。エッセンシャルオイルやホホバオイルなどのアロマテラピーのための商品も豊富です。 ニキビ対策やシミ、シワの予防のためのクリーム、ダイエット用品など、数えきれないほどの商品が揃っています。 体の心身のバランスを整えるハーブの力を利用しよう! エルボリステリアならではの商品には、女性の生理痛や更年期障害、男性のトラブルのための植物エキスがあります。植物の持つ力で、不安定な精神状態も落ち着かせることができます。デリケートなことだから、ゆっくり心身のバランスを整えながら自然に治癒していく方法が人気なのも、うなずけまね。 忙しくストレスに追われる日常だからこそ、植物の秘めたパワーを五感に働きかけて、心身のバランスをきちんと整えてくれるハーブ療法が、ますます人気の予感です。身近なエルボリステリアはないけれど、積極的にハーブを生活に取り入れてみませんか?