体の内も外もキレイでいたい!イタリア女性の必需品、エキストラヴァージンオリーブオイル

筆者の住むイタリアでは、どこの家庭にも必ずあるのがエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルです。 イタリア料理に欠かせない有名なオイルですが、料理だけではなく、薬としてコスメとしても万能な役割を果たす必需品なのです。 ここでは、イタリア人のオリーブオイルの使い方についてご紹介します。

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルってどんなオイル?

地中海沿岸全域に広く分布しているオリーブの木は、長い歴史の中で平和のシンボルや豊饒のシンボル、そして聖なる「生命の木」とよばれてきました。 旧約聖書にも登場するオリーブは、何千年もの昔からオリーブオイルが作られ、食事にだけではなく医療や美容にも使われてきました。 オリーブオイルはオリーブの果実で作られる植物オイルですが、化学的なものが全く入らない無添加の完全自然食品。 特にその中でも、収穫後24時間以内に低温圧縮製法で一番搾りにしたものが、極上のエキストラヴァージンオリーブオイルです。 酸化していないフレッシュな果実を30度以下で搾っているので、オリーブの風味や栄養がたっぷりのオリーブジュースとも言えます。

イタリア料理に欠かせないオリーブオイル!

イタリア人にとって、オリーブオイルは日本人が考える油とは全く違います。 どちらかというと、お醤油のような感覚です。 日本料理にもお醤油が欠かせないように、イタリアの食卓にオリーブオイルは欠かせません。 たっぷりのお醤油でコトコト煮るように、イタリアでもオリーブオイルをふんだんに使って、野菜や豆、肉や魚を調理します。 新鮮な良質のオリーブオイルは、ちっとも油っこくなく、料理に香りや風味やコクを加えてくれます。 サラダやパスタ、メインデッシュの最後の仕上げに、上からタラりと生のオイルをかけるイタリア人。 特に生食用に、極上のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを別にしている家庭が多く、新鮮なオイル自体の味や香りを楽しみます。 南北に長い長靴のような形をしたイタリアは、日本のように北と南の気候差が大きい国です。 北の地方で育ったオリーブと南国が産地のオリーブでは、風味は全く異なります。 一般に北イタリアのリグーリア産はデリケートな味わいで魚料理に最適。アフリカに近いシチリア産のオリーブオイルは、しっかりした味わいで、口の中でピリッとした強い刺激を感じます。 産地や生産者、または生産年度によっても風味がそれぞれです。いろいろ試してお気に入りを見つけるのも楽しみです。

髪に肌もオリーブオイルでつやつやマッサージ

今のようにいろんな商品が手軽に買えるようになるまで、オリーブオイルはコスメ代わりに大活躍していました。 時代が変わっても、口に入れる添加物ゼロの天然植物オイルですから、身体中どこでも安全に使えると今でも愛用者がたくさんいます。 お風呂上り、寝る前に顔やボディに、たっぷりのオリーブオイルを擦り込んで寝ると、翌日には肌がしっとり潤います。 日焼けのあとの手入れに使うのは、昔からの定番ケアです。 かかとやひじといった、ガサガサしやすい場所には特に重点的にマッサージ。 特別な保湿剤を使わなくても、オリーブオイルが大活躍です。唇がカサつくときにも安心して使えます。また、妊娠線の予防クリームとしても最適です。 美しい髪を保つための伝統的なケアも、イタリアではオリーブオイル。髪の毛を洗う前のトリートメント代わりに使います。しっかりマッサージして数分おくと、髪の毛も地肌も元気になるのです。

朝の習慣!スプーン一杯のオリーブオイル!

薬草などの自然療法に関して伝統のあるイタリアでは、オリーブオイルの栄養効果は経験によって知られていました。 体のメタボリズムを整えるために、朝スプーン1杯のオリーブオイルを口にするといいと言うのは、イタリアの家庭の医学の常識です。 お通じが悪いときには、空腹の状態でオリーブオイルにレモン汁を少し加えたものを飲むのが効果的。 また、急な中耳炎にも、温めたオリーブオイルを耳の中に流し込むと痛みが和らぐというおばあちゃんの知恵袋も今だに健在です。 イタリア人も体調が悪いときにはパスタではなく、おかゆのような柔らかいご飯を食べます。ただ、日本のおかゆと違うのは、上質のオリーブ・オイルが生でタラりとかけられているところ。 こうすれば、胃に負担をかけずに栄養を取れるというのが、イタリア人の弁です。

栄養たっぷりオリーブオイル

健康的な食事のモデルとして世界的に有名な地中海ダイエットが、心臓疾患を予防するというのは、オリーブオイルの働きによるものです。 実際に、2011年にEUの欧州食品安全機関は、オリーブオイルの抗酸化作用を正式に認め、薬用のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルもあるほどです。 ただし、オイル20g中に5mg以上のヒドロキシチルソールが含まれていることが条件になります。 ポリフェノールの仲間であるヒドロキシチルソールは、ビタミンCの10倍以上の抗酸化作用があるといわれていて、アンチエイジングへの効果が注目されている栄養素です。 特に、黒色のメラニンを抑制する働きがビタミンCの25倍もあると言われているので、美白や美肌の効果が期待されますね。また、抗酸化作用は、老化の防止にも役立つので、若さや美しさを保つためには欠かせません。 また、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルは、酸化しにくいオメガ9のオレイン酸が多く含まれているので、加熱調理にも変質しにくく、トランス脂肪酸の心配がありません。 オレイン酸は悪玉と言われるLDLコレステロールの血中レベルを下げつつ、善玉のHDLコレステロールを低下させないという優れた働きもするので、動脈硬化を防いで、心筋梗塞などを予防するということでも知られています。 このほかにもオリーブオイルには、ビタミンE、鉄分、カルシウム、ベータカロチンなどの大切な栄養素を多く含み、特に良質なエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルには、これらの有効成分が多く残っているのです。 いかがでしょうか?大昔からイタリアなどの地中海沿岸の国々で、料理だけではなく暮らしの様々な場面で有効的に使われてきた万能なオリーブオイル。 良質なエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを用意すれば、料理に美容に大活躍してくれること間違いなしです。気軽に試してみませんか?